トンカットアリって何?

マカ通販 プロショップ 「マカ+イン」

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
マカ+イン
フリーダイヤル0120-189-076

トンカットアリって何?

トンカットアリ

トンカットアリとはインドシナからマレーシア半島など東南アジアを中心とした熱帯雨林原産のニガキ科の潅木で、学名「EURYCOMA  LONGIFOLIA (ユリコーマ ロンギフォーリア)」、 マレー名「TONGKAT ALI (トンカットアリ)」、日本では「ナガエカサ」といいます。
マレーシアではそのトンカットアリの評判の高さから、約20年間植物化学の研究がされてきました。 トンカットアリは、ユーリコマノールやユーリコマノールラクトンなどのカシノイド、アルカロイド、ステロール、サポニン、テルペノイドを含有しています。
マレー半島先住民族のオランアスリ(Orang Asli) という森の住人たちによって昔から伝統的にその根を煎じて飲まれていました。
昔は、このトンカットアリをジャングルから引き抜く前には神に祈りを捧げるような儀式的風習もあったようです。
現地ではこのようにトンカットアリを昔から薬理植物として使用してきました。このことによってトンカットアリの安全性が認められ、副作用の心配もありません。
一見、男性に適したような特徴がありますが、オランアスリらは産後の女性の体力回復に根を煎じて飲んでいます。トンカットアリの効果効能.を記載しているネットショップには滋養強壮効果について謳っていますが、トンカットアリは薬品ではありませんので過大表記には十分ご注意下さい。

 

メール