ガラナについて

マカ通販 プロショップ 「マカ+イン」

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
マカ+イン
フリーダイヤル0120-189-076

ガラナについて

皮が赤い状態のガラナ

ガラナのルーツは古く、1648年ドイツの植物学者がアマゾンを訪れた際、原住民のマウエス族が当時、長寿であることに驚き、その理由がガラナの種子にあることを発見した、ということになっています。

そのころは、アマゾン広しといえど、マデイラ河流域のマウエス族だけが栽培をしていましたが、その後、1929年に日本人が神戸を出発し、マナウス市の下流に入植。そして1930年からガラナの生産をスタートさせました。

ガラナの学名は、パウリーニア・クパナ(Paulinia Cupana Kunth)といい、原種になりますと20メートル近い高さに成長します。
7〜8月にガラナの白い花が咲き、洋梨型の実をつけます。
最初は果皮が緑なのですが徐々に赤くなり、それが熟してくると果皮が割れて人の目の玉のような種子が飛び出てきます。
しかし、この時点ではまだ商品としてのガラナではありません。

ガラナ?栗?

それから焙煎をすることで茶色く変色します。
ガラナにはカフェインが含まれています。カフェインはアルカロイドの一種でコーヒー、コーラ、緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート等にも含まれています。
これらは5分位で吸収されますが、ガラナの場合、体に負担を掛けることなく緩やかに吸収されるといわれています。
キサンチン誘導体なので通常のカフェインとは異なり、特有の禁断症状が出ることもありませんのでご安心下さい。

 ガラナの味?

 

メール